子供服に向ける親の期待と本当に必要な役割

少子化の問題は、中々解決の方向性が見えていませんが、そんな中子供一人当たりに掛ける期待と金銭は大きくなる傾向にあります。

子供にかける費用の中で大きな割合を占めるのが教育費とともに被服費でしょう。

大人と違い、成長により買い替えなければならないものなので、どうしても必要な費用です。

小さい頃は、子供の好みはほとんど無視されて、両親の好みで子供服を選び着飾りがちです。

ただし、子供は遊ぶのが仕事とも言いますから、普段は汚れて困る服は避ける事が重要です。

気楽に着られる服とかしこまった服の使い分けは、子供にT.P.O.を理解させる事にもなります。

そのため、普段の子供服は安売り店やリサイクル、親戚や友人からのお下がりなどを利用し安上がりにすませつつ、ここぞという時向けに少し立派でお洒落な服も用意しておきたいものです。

子供服について考える際に、一番注意しておかなければいけないのは、成長期におけるサイズの確認です。

夏から秋、冬から春といった季節の移行期に、長袖長ズボンから半袖半ズボンまたはその逆へと衣替えが行われます。

うっかりしていると、2サイズも上がってしまう事もあるので、早目のサイズ確認と準備が必要です。

どちらにしても、一定の年齢に達すれば色や形、材質などにもこだわりが出てきて中々親の思う通りにはなりません。

また、その内に買い物に一緒に行かなくなるのですから、共に選べる時間を満喫したいものです。

関連記事: 本をきちんと扱うには買取も必要